かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

お食事処 伸ちゃん

f:id:kazunobu-0915:20180131175346j:plain

~K・Kのうちなぁ食堂口撃録~

寒さを吹き飛ばす!胃心あたたまるやさしいアンマー飯♪

カツ丼 600円也

 

北風吹くお昼時、車中であれど寒いのだ。

ゆめゆり通りを走らせていると、無意識に千ベロが脳裏を過ぎる。

「酒」が煩悩に支配しはじめるかと思われたその時、伸ちゃんの文字を見て我に帰る。

カツ丼。。。嗚呼、カツ丼。。。なんと響きがいいのだろう。

カツ丼は不思議だ。聞くだけで何だかわくわくするのである。

居ても立っても居られない。伸ちゃんへ向かうのであった。

 

店内には先客がおり、みな静寂の中、一心不乱に箸で飯をかきこんでいる。

注文を告げ、静寂なる仲間に加わり、店内の昭和な雰囲気を懐かしみながら幸を待つ。。。

f:id:kazunobu-0915:20180131175345j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180131175352j:plain

 

一人切り盛りするおばぁちゃんが、お待たせと声をかけカツ丼が届く。

ボクは量の多さに思わずニンマリする。

艶があるやさしい味付けのたっぷり卵飴野菜の下には、とじられていないトンカツが隠れている。

とじられていないので衣のカリカリ感は残り、肉は存分に叩かれたのであろう味の付いたもので、野菜とのバランスがとれていて思わず飯がすすむ。

なるほど、箸が止まらない訳だ。

f:id:kazunobu-0915:20180131175347j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180131175349j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180131175350j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180131175351j:plain

 

ミニ沖縄そばの汁が電灯に照らされ輝く。

そのやさしい味わいは、まさにおばぁのぬくもりなのである。

f:id:kazunobu-0915:20180131175348j:plain

 

冱つる身を

 ぬくもり癒す

     祖母の飯

 

気づくと器は空。みな率先して器を片付ける。

当然、習い器をおばぁへ御礼を述べ渡す。

煩悩を飛ばし、胃心満たされボクはにこやかに店を後にするのであった。

 

*お一人で切り盛りされているのでお食事ご利用の際はご配慮ある対応をお願いします。

*迷惑駐車の無いようにお願いします。

 

お食事処 伸ちゃん

住所:那覇市壺屋2-1-6

TEL:098-854-0141

P:ほぼ無

店の左隣にらしきものありますが非常に狭いです。

食べログ

https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47003840/

f:id:kazunobu-0915:20180131175344j:plain