かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

波止場食堂



この日は娘のダンスイベントで遥々、国頭まで来た。
時間の無い娘をイベント会場へ送り、時間があるので、せっかくだから此処へ来たのだ。

創業40年になる此処は、重要文化財にするべきだと思う。



トンデモナイ「肉そば」にも、そそられるんだよなぁ。



名物「ポーク玉子」健在!



ボクの注文はトンデモナイ「カツ丼」



これでもか!と盛られてるカツは、まさにエベレスト。
アンマーの強烈な濃い味付けが体に沁みるなぁ。



ミニそばの汁は神の領域。
おそらく、他のアンマーには再現不能であろう、濃いモンを浄化する歴史或る聖水。



とぅじの注文は伝説の「ポーク玉子」



まったく、玉子、ポークが見えないのです。



ポーク、玉子は下に隠れていました(笑
他にはバンナイなヤサイ(苦いモンアリ)、マカロニ、ハンバーグ、トンカツ、ベーコン、イカ、大根、赤肉(コレ最高だった)。
それにミミガー炒めと何故かイカが一切れ。。。
まさに遠慮なき伝説の勇者だ。



いや~、まさに遠慮のない母の愛情、此処にアリ!ですねぇ。
「アンマーの 深き愛情 エベレスト」
とぅじは、終始苦笑いながらも撃沈。
ボクも撃沈、折箱詰めて持ち帰りであった。


 
国頭村辺土名186
http://tabelog.com/okinawa/A4702/A470203/47004312/