かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

すずらん食堂

f:id:kazunobu-0915:20180303122714j:plain

~K・Kのうちなぁ食の見聞録~

黄金たまご焼きに艶やかなケチャプに身を包んだ傾奇者♪

オムライス 450円也

 

武士の酒は遠慮ない

なので二日酔い。。。

しかし、戦いは続く武士たるもの腹が減っては戦は出来ぬ。

金城家内の臓内評定により標的を定める。

狙いは自己矛盾な濃い者。

「臓共、出撃~!いざ、すずらんへ」

f:id:kazunobu-0915:20180303122710j:plain

 

開城時間前に到着するがすでに門は破られ3箇所で戦いは始まっている。

遅れてはいかん。

初志貫徹決めていた標的を指名し、フラインパンを振るう音、妃たちの激しい声、妙に静寂な戦うものにつつまれながら刻を流す。。。

f:id:kazunobu-0915:20180303122709j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180303122711j:plain

 

目の前に現れたのは、艶やかな赤と黄色の甲冑を着た見事な傾奇者、オムライス慶次。

「お主、なかなかの者よのう。お手合わせ願おうか」

スプーンを持ち戦いを挑む。

f:id:kazunobu-0915:20180303122715j:plain

 

・・・むむ、此奴、唐揚げを持っておる。。。

「臓共、さらに濃いぞ!気を締めい」

f:id:kazunobu-0915:20180303122713j:plain

 

ケチャプライスはシンプルに、豚肉、ポーク、玉ねぎ、にんじんながらも、胡椒がきいて遠慮ない。

f:id:kazunobu-0915:20180303122717j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180303122718j:plain

 

「臓共、水分を補給するのじゃ」

やさしい塩梅ミニそばで勝負を急ぐ。

f:id:kazunobu-0915:20180303122716j:plain

 

その間次から次へと武士が戦いを挑む。

中にはAランチ(800円)と瓶ビール(500円)の猛者も。。。

 

荒れ狂う戦場の中、器は空になり、オムライス慶次との戦いが終わる。

そこには遺恨はなく、晴れやかな口福であった。

 

もののふの

 胃ごころ満たす

       染め卵

 

標的表(メニュー)を見上げる。

すずらん城の戦いは、まだまだ終わらないのだ。

 

すずらん食堂

住所:那覇市与儀1-26-11

TEL:098-854-5716

営業時間:10:45~14:00

     18:00~21:00

定休日:日・祝・正月

P:有3台

食べログURL

https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47003720/

 

f:id:kazunobu-0915:20180303122708j:plain