読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

スタンド末広

那覇



この日は、前日から二日続けての来店。
一軒目なので、プレモルを頂く。 ぷは~、

いきなり、旨い誘惑を置かれた。



ミーグチで、鶯咲を二杯呑む。
宮城県のお酒は洗練されていると思う。
風味豊かでフルーティで爽やか、何杯でも呑める酒だ。



生ハムと焼きかぶのマリネは、甘酸っぱさの中に或るかすかなスパイシーは、まさに酒の友。



メニューには無い、おすすめのアテは、ささみとほうれん草のお浸し。
鰹とほんのり感じるみりんの甘味の和風出汁は、やさしい味で、ささみのタタキにあっている。
で~じ、美味かった。
また、喰いたいなぁ。
もう一つのおすすめは、タラコとしらたきの入り物。
タラコの食感と辛さが、しらたきに絡んで最高に旨いのだ。
画像は取り忘れている。。。



ラベルとのギャップある、呑み口よいお酒は、岐阜の百十朗。



ビタミン不足のボクは、ポークソテーバルサミコスソースを所望。



見事な焼き加減の豚肉に、甘酸っぱいソースが絡み合い、なんとも旨すぎる。
付け合わせも抜かりなく美味いんだぞ、此処の店はおすまし
何か元気になってきた現金なボク。



山形の土耕ん醸(ドコンジョウ)山廃の酸味は、たまらないなぁ。



雅なラベルの秋田の春霞。
しっかりとした米の旨味が持ち味。



京都、まつもとは甘めで呑みやすい。



〆に大いなる東京の澤乃井は、ボクにとってのポカリスエット



いや~、昨日は体調が振るわずあまり呑めなかったけど、この日は満足するほど呑めた。
最高の酒場で過ごす、至高の時間は、かけがえのないものなんです。

 

kazuboh-0915.hateblo.jp