かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

イタリアンハウス

f:id:kazunobu-0915:20180425070046j:plain

~K・Kのうちなぁ食の見聞録~

昭和51年創業!素材出汁にこだわる町の洋食屋さん♪

イタリアンハウス

住所:那覇市首里石嶺町2-115-1

TEL:098-885-6401

営業時間:12:00~24:00

定休日:盆・正月

駐車場:無

食べログURL

https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470102/47003483/

 

この日は息子がめずらしく早く帰ってきた。

上がって引き続き野球をするので、日曜の昼に一緒に食事できることが最近はなくなった。

せっかくなので、旨い飯を食おうじゃないか。

 

飯屋選びは大切だ。

食べるものにうるさい息子、娘は好きなものも違う。

ここなら間違いないだろう。

イタリアンハウスへ向かう。

 

到着すると私たちがミーグチ(一番客)。

店内の元号は変わらず昭和のままなのである。

f:id:kazunobu-0915:20180425070035j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180425070037j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180425070042j:plainf:id:kazunobu-0915:20180425070041j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180425070039j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180425070040j:plain

 

メニューを見て即決するのは私、息子。

嫁と娘は、いつもかなり迷って決めるのに時間がかかる。

久々の光景を見て改めて子を思う。

私の性格に似ているのは娘だけど、やる行動が似ているのは息子。

身体の成長は私にのは似たのは息子。嫁に似てるのは娘。

顔も二人とも私よりかな?体形は?・・・ここでは伏せておこう...。

f:id:kazunobu-0915:20180425070038j:plain

 

注文を告げてから出てくるまでに店内はいつの間にか満席。

問い合わせ、持ち帰りの電話もひっきりなしだ。

f:id:kazunobu-0915:20180425070036j:plain

 

・シーフードマカロニグラタン 1,100円

チーズがとろけだしているホワイトソースは「熱いうちに喰え」と言わんばかりにグツグツと旨そうな音をだしている。

スプーンを入れすくい上げ口に運ぶ。

ソースがなんとも旨いこと。エビホタテのエキスが沁みて深みを増しているのだう。

そして、そのエビとホタテがぷりぷりで活きている。

遠慮ない厚切りトーストにはマーガリンがたっぷりでグラタンとの相性抜群。

新鮮な野菜サラダにはやさしい自家製ドレッシングで抜かりなし。

旨すぎるあまりにもすべてが旨すぎる。

食べる手がとまらない...。

途中、手を止めビールを流し、ふと息子をみる。

グラタンと真剣に向き合い一心不乱無言で只食べている。

そして、私は心の中でつぶやく「野球もこのくらい真剣に取り組んでくれたらいいのに...」

f:id:kazunobu-0915:20180425070045j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180425070051j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180425070047j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180425070050j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180425070048j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180425070049j:plain

 

シーフードピザM 1,800円

濃厚なチーズに隠れるのは同じく活きたエビ、ホタテなど。

チーズと生地に挟まった自家製ソースのなんともさわやかなこと...。

旨いあまりにも旨すぎる。

全部食べきれず半分持ち帰り晩酌のアテにしたが冷めても旨かった。

おそるべしイタリアンピザ...。

f:id:kazunobu-0915:20180425070043j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180425070044j:plain

 

シーフードスパゲティ 900円

少しいただいたが濃厚なんだけどやさしい。

矛盾しているがこれが正しい味の表現だと思う。

f:id:kazunobu-0915:20180425070053j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180425070052j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180425070054j:plain

 

 

長閑なる

 むすこむすめの

      先憂う

 

老舗洋食屋の味に、息子、娘は満足してくれた。

ここで食事をし、子を見ていると自己矛盾を思い知らされる。

自己を改め路を作らねば...。

 

f:id:kazunobu-0915:20180425070034j:plain