かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

お食事処 守礼

f:id:kazunobu-0915:20180524094920j:plain

~K・Kのうちなぁ食の見聞録~

創業40年!地元んちゅに愛されるご夫妻で営む想い或る飯屋♪

 


やき肉定食 600円也
お食事処 守礼
住所:名護市伊差川272
TEL:0980-52-5888
営業時間:11:00~23:00
日曜18:00~23:00(食事不可)
駐車場:店舗裏に有

・・・守礼に惚れてしまった。
なので守礼が知りたくて仕方がないのだ...。 よし、会いに行くぞ。

行く道、守礼の`沖縄そば`はどんなだろう?
`チャーハン`なんて只者じゃなさそうだ...。 想いを馳せる...。
11:10到着。

扉に開かず、中にはおばちゃん...。

ん、休みと思ったその時、

おばちゃんが扉を開け「何ね~?」

ぼく「飯喰いたいんだけどいいですか?」

おばちゃん「どうぞ~、今、出勤したさ~」

「暑いね~」

ぼくそうですね「空梅雨ですよね」

おばちゃん「だからよ~大変なってるさ~」

おばちゃん忙しく電気、空調を稼動させる。

ぼくは頃合を見てやき肉定食の注文を告げる。

すると、おぢさん二人が店へ...。

注文はやき肉。なんだかニヤけてしまうのだ。

f:id:kazunobu-0915:20180524094915j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180524094917j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180524094916j:plain

 

おばちゃんが鍋を振るう音をBGMにゆらりと流れる空間を愉しみながら刻を流す...。

f:id:kazunobu-0915:20180524094919j:plain

 

3つ同時に調理され、おじさんが配膳する。

f:id:kazunobu-0915:20180524094923j:plain

 

常連らしきおじさんがぼくにドレッシング、ケチャップ、AIソースを渡す。

ひとつのものを3名のやき肉おやじで使いまわすのだ。

微笑ましいかぎりである...。^^

f:id:kazunobu-0915:20180524094918j:plain


 

おっと、そうだ。

やき肉を食べなくちゃね(^^;

250gはあるだろう圧巻な肉は、やき肉ではなくステーキだ。

これでほんと600円でいいの?と思ってしまう。

肉質もやわらかく脂とのハーモニーに箸が止まらない...。

見ため味く~た~(濃い味)なのかなぁと思ったら、そんな事なく肉の素材を活かしたもの。

AIソースがあるので使ってみたが、うん、そのままがいい。

f:id:kazunobu-0915:20180524094921j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180524094926j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180524094928j:plain

 

遠慮ない千切りキャベツには、ごまドレをかけいただく。

f:id:kazunobu-0915:20180524094924j:plain

 

素朴な卵焼きが完食へいい仕事をする。

f:id:kazunobu-0915:20180524094925j:plain

 

おどろいたのが白米の美味さ。

光り輝いている。

f:id:kazunobu-0915:20180524094927j:plain

 

この日はおとなしめな塩梅の味噌汁を途中流す。

さらに箸はリズミカルに踊りだし、気づけばすべてを奪い空になっていた...。

f:id:kazunobu-0915:20180524094922j:plain

 

北山の

 蔭隠れたる

     名店の

母なる味に ぬち(命)踊りだす

 

おばちゃん

持ち帰りの折箱詰めるときに袋がしばれない。

すると「しまらんさ~♪しまらんさ~♪」

歌う様に口ずさむ。

「牛よ元気ね~暑いからバテてないね~」と常連との会話。

素晴らしき守礼。

沖縄が誇る食の世界遺産なのである。

f:id:kazunobu-0915:20180524094913j:plain