かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

すずらん食堂

f:id:kazunobu-0915:20180131175338j:plain

~K・Kのうちなぁ食堂口撃録~

カツ、飴野菜、白米が月の如く光り輝く絶品戦飯♪

カツ丼 500円也

 

昨夜は勝利の宴に酔いどれ、二日酔い。。。

しかし、戦いは日々続く。

武士たるもの腹が減っては戦は出来ぬ。

臓内評定により標的を定める。

狙いは自己矛盾な濃い物。

臓共、出撃~!いざ、戦場へ向かう。

 

戦場につくと、すでに多方面で戦いは始まっている。

遅れてはいかん。

標的表(メニュー)を見てやっぱり、やさしいみそ汁、インスタ栄えなオムライスを口撃するか迷ったが、初志貫徹カツ丼に狙いを定める。

f:id:kazunobu-0915:20180131175337j:plain

 

戦を前にフライパンを振るう音、妙に静寂な空間につつまれながら刻を流す。。。

 

目の前にした標的を見て思わずニンマリ。

黄色い艶は美しく煌きまるで月のよう。

遠慮ない肉厚なトンカツは肉感あふれ飴の味が沁みる。

カツを退けると光り輝く野菜。その下に隠れたる飯は黄金色に染まり雑炊が如く汁だく。

味付けはかなり濃い方だと思う。マーガリンも使っているのかな?

こやつ、敵ながらなかなか天晴れだのう。感嘆。

しかし強塩梅とはいえ、戦乱、黄河で関雲長が猛者を鮮やかに切り捨てるか如く、流しかきこめるカツ丼なのである。

f:id:kazunobu-0915:20180131175340j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180131175341j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180131175342j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180131175343j:plain

 

戦いの途中、香ばしいたまご焼きがのった、やさしい塩梅のミニそばで口を休める。。。

気づくと戦いは終わり、器は空になっていたのであった。

f:id:kazunobu-0915:20180131175339j:plain

 

武士の

 胃ごころ満たす

       冬の月

 

標的表(メニュー)を見上げる。

そう、戦はまだ終わっていないのだ。

 

すずらん食堂

住所:那覇市与儀1-26-11

TEL:098-854-5716

P:有3台

食べログ

https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47003720/

f:id:kazunobu-0915:20180131175336j:plain