かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

つるりんこう

f:id:kazunobu-0915:20180515170253j:plain

~K・Kのうちなぁ食の見聞録~

昼時にはガテンなおやぢで賑わう飯屋で黄身を流す♪

牛肉卵めし 630円也

 

つるりんこう

住所:沖縄市海邦2‐26‐21

TEL:098‐939-1020

営業時間:火~日 11:00~19:00

     木 11:00~16:00

定休日:月

駐車場:有

食べログURL

https://tabelog.com/okinawa/A4703/A470301/47005288/

 

この界隈にはまるなが、パヤオ、びんたま、あじとや等魅惑的な飯屋が多い。

定休日を認識せずに2回振られた黄身に会いに行く。

f:id:kazunobu-0915:20180515170251j:plain

 

ちょうどお昼時、ほぼ満席の賑わい。

カウンターに座り黄身の名を告げ水を飲んで待つ...。

f:id:kazunobu-0915:20180515170252j:plain


 

 

・・・

タイミングがよかったのか5分ほどして着丼。

熱々な黄身からは湯気が漂う。

もう我慢出来ないのだ。

f:id:kazunobu-0915:20180515170254j:plain

 

素晴らしい熟トロミ加減の卵はゴマの風味をまとい豚肉、青菜をやさしく包み込む。

つるつると心地よく流れて行く黄身にスプーンが止まらない。

気づくと黄身は居なくなっていた...。

f:id:kazunobu-0915:20180515170256j:plain

 

寂しさに襲われる中、今日塩梅のミニそばを啜り黄身を想う...。

「もう一杯頼もうか?」

f:id:kazunobu-0915:20180515170255j:plain

 

うら寂し

   器をながめ

             黄身嘆く

がま口覗き 我に戻りて

 

黄身にへの恋(濃い)から覚め現実に戻る。

そう、無理はいけないのだ...。

f:id:kazunobu-0915:20180515170250j:plain

 

 

kazuboh-0915.hateblo.jp