かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

関西らーめん やまと

f:id:kazunobu-0915:20180515170338j:plain

~K・Kの食の見聞録~ 

奄美が誇る老舗昭和ラーメン!

関西らーめん やまと

住所:鹿児島県奄美市名瀬鳩浜町-71 1F

TEL:0997-52-7700 営業時間:11:00~14:00  17:00~20:00

定休日:火・水

食べログURL https://tabelog.com/kagoshima/A4605/A460502/46004654/

 

事を終え、変わらないやまとへ...。

f:id:kazunobu-0915:20180515170334j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180515170333j:plain

 

あんかけラーメン720円

持ち帰りで鶏の唐揚げ780円を注文し水を飲んで待つ...。

f:id:kazunobu-0915:20180515170335j:plain

 

ひとりふたりと客が増え気づくとほぼ満席に...。

なんだか嬉しくなるのである。

 

届いたあんかけは灼熱の飴をまとい強烈に麺にからむ。

これは若かりし頃、キャノンの宇都宮工場の社食だった広東麺に近い。

スープがほとんどなく強烈にからむ飴に惚れて、日替わりだった広東麺に恋焦がれていたぼく。

ここであんかけを、はじめて啜る訳じゃないけど記憶違い。

いや、啜っていたのならあの味は忘れない。

変えたのだと思う。

そうだそういう事にしよう…。

f:id:kazunobu-0915:20180515170336j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180515170337j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180515170339j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180515170340j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180515170343j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180515170342j:plain

 

宇都宮の頃ぼくは、本当格好つけていた。

まぁ、口だけとも言える。

遠距離の恋もあった。

同じく工場で働くうちなんちゅとの関わり。

宇都宮の人との関わり。

あの頃のその人たちは今、どう暮らしているのだろうか?

ぼやけていた記憶をたどっていたら、郷愁のあんかけを啜り終えた。

 

下野に

 若気の至り

    うた恋の

あの蔭ありて 我いま活きる

 

ホテルで鶏の唐揚げをアテに酒を呑む。

すべての経験は無駄ではない。

遠回りをするから人生に深みが増すのである。

f:id:kazunobu-0915:20180515170344j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180515170345j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180515170348j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180515170349j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180515170332j:plain