かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

ハイウェイドライブイン

f:id:kazunobu-0915:20180427181808j:plain

~K・Kのうちなぁ食の見聞録~

1972年創業!見事な役割分担で厨房から流れる恋(濃い)の三重奏で黄身と踊る♪

オムライス 640円也

 

ハイウェイドライブイン

住所:沖縄市登川701

TEL:098-937-8448

営業時間:11:00~22:00

定休日:水

駐車場:有

食べログURL

https://tabelog.com/okinawa/A4703/A470301/47016106/

 

2018年になり自身の中で妙にオムライス熱が上がる。

オムライス

嗚呼、オムライス

よく考えると不思議だ。

炒めたライスを卵焼きで包むシンプルなもので見た目はほとんど同じ。

だけど、中身は店によって違う。

なんたる素晴らしき飯矛盾。

何処のオムライスが最高で最強なんだろう?

守礼?すずらん

黄身の事で頭の中がいっぱいになり仕事にならない...。

黄身が欲しい...。

黄身に狂ったぼくは好みの基準が分からなくなってしまった。

恋わずらいとは、まさにこの事だ。

これではいけない。

自分を取り戻すため県内最高峰のオムライスがある@ハイウェイドライブインで、黄身に癒してしてもらうことにする。

 

店に到着。お昼時を過ぎているというのに店内は満席。

さすが美しい三重奏を奏でるだけあるなぁ。

特等席のカウンターへ座り、食の煩悩に惑わされないようメニューを見ず注文を告る。

するといつものようにすぐに、アイスティーとスープがとどくのである。

f:id:kazunobu-0915:20180427181806j:plain

 

アイスティーを飲み、演奏を眺めながら刻を流す・・・

f:id:kazunobu-0915:20180427181805j:plain

 

届いた黄身はすっぴんだった。

「美しい」思わず心で頷く。

自分色に染めろという訳か。

興奮するじゃないか~ さっそくメイクを施しいただく。

f:id:kazunobu-0915:20180427181807j:plain

 

卵は絶妙な加減でケチャップライスを包みながら溶け込んでいる。

ケッチャップライスは、スパイシーで香ばしく軽やか。

具は、ピーマン、にんじん、玉ねぎどれもシャキシャキ。

なんといっても豚肉が入っているのでリズミカルにスプーンが流れるのだ。

・・・嗚呼、我、至福ナリ!

f:id:kazunobu-0915:20180427181809j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180427181810j:plain

 

そして、ハイウェイドライブイン名物のスープ。

溶き卵、ササミに絶妙なとろみ。

極上の味わいなのである。

f:id:kazunobu-0915:20180427181811j:plain

 

キミ思ふ

  恋(濃い)を奏でる

      ドライブイン

 

最高峰のオムライスにより基準を取り戻し恋わずらいは治まった。

そしてぼくは最高、最強の黄身を探す旅に出る。

 

f:id:kazunobu-0915:20180427181804j:plain

 

kazuboh-0915.hateblo.jp