かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

あけぼのラーメン 本店

f:id:kazunobu-0915:20180409172701j:plain

~K・Kのうちなぁ食の見聞録~

108の煩悩を超える約200欲で食豪たちを誘惑する食の魔界

 

あけぼのラーメン 本店

住所:那覇市曙3-20-28

TEL:098-863-1807

営業時間:10:30~23:00

定休日:水

駐車場:有 新伸堂隣

食べログURL

https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470103/47002940/

 

屋号がラーメンなのにラーメンを食べないなんて、

おかしいのではないか?

これは一種の魔力ではないのか?

疑念を持ち、魔界の誘惑に負けず小禄店で担々麺を啜ってきた。

しかし、これでは甘い、生ぬるい!

魔界の誘惑に打ち勝ったとはいえないのである。

 

食べある記で投稿がないと思われる(あればごめんなさい)

単品しょうゆラーメンを啜ることこそが、

あけぼので長い間負けつづけた魔界の誘惑に打ち勝ち、

弱い自分を戒め悟りを開くことが出来る。

私はそう確信している。

 

【煩悩】

仏教で心身を悩ませ、苦しめ、煩わせ、汚す心の作用のこと。

何かを成そうとするときに邪魔になるものの象徴。

 

閑話休題

 

単品しょうゆラーメンのみを啜るため、

己を戒めこの日のために精進を重ねてきた。

準備は万端。いざ、参らん!

 

f:id:kazunobu-0915:20180409172652j:plain

魔界あけぼのに到着。

食豪たちは欲におぼれ、

単品でしょうゆ、しお、みそラーメンを啜る者はいない。

 f:id:kazunobu-0915:20180409172655j:plain

一応、食札を確認する。

しょうゆラーメン 550円也

すぐに札をあげればよいのであるがそれが出来ない...。

なんだこれは?

身体が言うことをきかない。

意思に反し周りを見渡しうろうろしてしまう。

これが、あけぼの本店の魔力なのか?

後から来た食豪たちが次々と札をあげる中、

札をあげられずにいる...。

まずい、これはまずいぞ!f:id:kazunobu-0915:20180409172653j:plain

 

しょうゆラーメン550円+ぎょうざ370円+ライス150円=1,070円

しょうゆラーメン定890円

差額180円

焦りと揺らぎ...。

まるで自分じゃない感覚。

気づくとあげていた札は、

餃子ライス付きの‘しょうゆラーメン定‘890円であった。

 

・・・

札をあげすぐに、ご飯が目の前に現れる。

これをどうすればいいのだ?

さすが魔界。じらし責めてくる。

 

しばし刻が流れ・・・

待望のしょうゆラーメンが現れる。

やわらかい縮れ麺

素朴な淡いスープ

飾らない肉厚チャーシュにナルト

器に映るのは少年時代の私。

これも魔力なのであろう。

タイムスリップしてしまう...。

嗚呼、懐かしき味。

f:id:kazunobu-0915:20180409172656j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180409172657j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180409172658j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180409172659j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180409172700j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180409172705j:plain

 

・・・我に帰り目の前にはいつもの餃子。

相棒(ご飯)に乗せてみたりして、

我、弄ばれる...。

f:id:kazunobu-0915:20180409172702j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180409172704j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180409172703j:plain

 

誘いの

     春はあけぼの

     魅せられて

 

漂うにんにくのかほり。

もう、魔界‘あけぼの‘の言いなりになるしかないのである。。。

『我、不覚也』

これから商談があるのを思い出し、青ざめるのであった。。。

f:id:kazunobu-0915:20180409172706j:plain