かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

関西らーめん やまと

f:id:kazunobu-0915:20180327201125j:plain

~K・Kの食の見聞録~

奄美が誇る老舗昭和ラーメン!

関西らーめん やまと

住所:鹿児島県奄美市名瀬鳩浜町-71 1F

TEL:0997-52-7700

営業時間:11:00~14:00

     17:00~20:00

定休日:火・水

食べログURL

https://tabelog.com/kagoshima/A4605/A460502/46004654/

 

素朴なラーメンは深いと思う。

ちょっと前、奄美はラーメンブームがあった。

それから5年が経ち閉店した店もある中、

夕飯時には満席でにぎわう

‘やまと‘は健在だった。

f:id:kazunobu-0915:20180327201122j:plain

 

‘やまと‘は絶対に塩ベースがおすすめ。

f:id:kazunobu-0915:20180327201120j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180327201121j:plain

 

前回は塩ラーメンだったので、

玉油らーめん 620円を注文する。

f:id:kazunobu-0915:20180327201123j:plain


 

しかし、奄美も変わった。

ドラックモリ、イオンなど大手が進出。

当然価格は崩れ、島人の流れは変わる。

 

夜の屋仁川にも変化が...。

行きつけだったスナックは無くなり、

BARの主は変わっていた。

思えばスナックで酔い歌い、

BARで日の出を拝み、

空港へダイブする...。

そんな無茶ははぼくにはもう出来ない。

刻は酷という訳か...。

 

閑話休題

ここ‘やまと‘は変わらない。

角のあるちょっと縮れ麺はやわらかく素朴。

厚切りチャーシューは飾らないがやわらかく素朴。

塩スープに張る玉油は熱さを逃がさない。

調味料で調整されたスープはまさに上等なチャルメラの様。

f:id:kazunobu-0915:20180327201124j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180327201128j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180327201129j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180327201127j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180327201130j:plain

 

ぼくは、鶏の唐揚げ780円を持ち帰り、

価格の変わった酒を買いホテルで呑む。

‘やまと‘の鶏唐揚げは冷めても旨い。

晩酌に最高なのだ。

f:id:kazunobu-0915:20180327201132j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180327201134j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180327201133j:plain

 

桜散る

 さみしく照らす

      ネオン街

 

変わらないものもある。

ぼくはネオン街を彷徨うことは

もう、無いのかもしれない。

f:id:kazunobu-0915:20180327201119j:plain