かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

ちゃつぼ

f:id:kazunobu-0915:20180112180804j:plain

~K・Kの老舗飯屋訪問記~

登頂不可能?安くてデカ盛で有名な飯屋で黄色いカレーを飲む♪

そして、ありがとう!昭和カレー300円也

 

食べある記の猛者たちに親しまれる名店。

来店は初めてなのである。

f:id:kazunobu-0915:20180112180800j:plain 

入るなり「いらっしゃ~い」と、かわいいおばちゃんに元気よく挨拶され席につく。

メニューを見て麻婆カツ丼など、ダブルプレイな誘惑に戸惑わされるが初志貫徹。

狙いのヤツを注文する。

f:id:kazunobu-0915:20180112180801j:plain

 

注文を待つ間、ダブルプレイで登頂できず折箱をもらう人が続く。。。

「噂は本当なんだなぁ」心の中でつぶやく。。。

 

そうするうちに着丼。これでよかったと胸をなでおろす。

粘度サラサラなルーはスパイスがきいていてほんのりピリ辛。

相当煮込まれているのか具は細かく、まさに飲むカレーといえるだろう。

f:id:kazunobu-0915:20180112180802j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180112180805j:plain

f:id:kazunobu-0915:20180112180803j:plain

 

カレーを飲んでいると、BGMから結婚式で使ったAlwaysが流れる。。。

「いやぁ、懐かしいなぁ」また、つぶやく。

すると、寒い気温からなのか、BGMが誘うのか、それともピリ辛いカレーが誘うのか、なんだかじ~んと鼻から熱くなる。

 

カレーを飲み終わり300円を払い、かわいいおばちゃんから「忘れ物は無いね~」

「ありがとうございます。また宜しくね~」と元気をもらい店を出る。

 

こころ冷え

 母のぬくもり

    ほろりうつ

 

ちゃつぼが何故こうも人を魅了するのかが分かった。

「ありがとう」と言いたくなる稀有な飯屋だからだ。

「妻へも感謝し労わろう」という、気持ちを強く持ちハンドルを握るのであった。

 

ちゃつぼ

豊見城市嘉数682

TEL098-856-2528

食べログ

https://tabelog.com/okinawa/A4704/A470401/47004110/