かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

海邦

f:id:kazunobu-0915:20170410183726j:plain

 

なんとものどかな道の途中にそれは或る。

f:id:kazunobu-0915:20170410183719j:plain

 

その懐かしさ満載の建物に入ると、

もとぶぐちで、店のおばぁとその友人の会話が聞こえてくる。

f:id:kazunobu-0915:20170410183722j:plain

 

友人はどうやら長らく、もとぶを離れていた様子で、

店のおばぁと昔話、今話で盛り上がっている。

f:id:kazunobu-0915:20170410183721j:plain

 

ボクのおばぁも、本部んちゅだったので、

もとぶぐちは、なんとも、心が癒される。

 

懐かしいなぁ。

f:id:kazunobu-0915:20170410183720j:plain

 

そうしているうちに、ビーフチャプスイ750円が届く

具は、椎茸、キャベツ、玉ねぎ、もやし、にんじんとシャキシャキな野菜に、ガシっとした牛肉。

f:id:kazunobu-0915:20170410183725j:plain

 

この味付けは、なんだか懐かしい・・・ 特に肉の味。。。

そう、ボクのおばぁの味くぅーたぁーな、その味付けに似ている。

f:id:kazunobu-0915:20170410183727j:plain

 

アーサ玉子スープも郷愁感たっぷり。

f:id:kazunobu-0915:20170410183724j:plain

「チャプスイに おばぁの名残 蝉時雨」

 

名残惜しみつつ、友人を見送る店のおばぁを見て思う・・・

生きていると、良くも悪くも蝉時雨かの如く別れがある。

ここは、様々な人々の想いを紡ぐ飯屋なのかもしれないなぁ。

国頭郡本部町字北里45

https://tabelog.com/okinawa/A4702/A470202/47010278/