かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

琉球麺 茉家

f:id:kazunobu-0915:20170124202047j:plain

なんとも美味そうな沖縄そばの画像を、食べある記FBグループで見て我慢できなくなった。

もう、行くしかない!

と言うわけで、人気店のここへ来たって訳だ。

一応、前日に予約は入れておいた。

(なるべく営業時間外の予約電話願います)

 

店内はこんな感じ。

f:id:kazunobu-0915:20170124202043j:plain

 

こだわり

f:id:kazunobu-0915:20170124202044j:plain

 

注文は@茉家御膳 1,600円也。

雅なだなぁ。

f:id:kazunobu-0915:20170124202045j:plain

なんとも、美しい素そば。

f:id:kazunobu-0915:20170124202049j:plain

あぐー、鶏がら、鰹、昆布、オリジナルブランドの福幸豚の美味さを、ぬちまーすで閉じ込め、凝縮された汁は、まさに、神の雫

何杯でものめるね。

こだわりの琉球生麺は、ツルツル、ぷりぷりと口の中で踊りだす、まさに、新食感といった革命麺だ。

f:id:kazunobu-0915:20170124202054j:plain

 

店主から、「まずは、そのままでお食べ下さい」とあったので半分喰ってねぎを入れたが、ボクは入れない方が、店主伝えたい想い、美味さを感じる事が出来ると思う。

確かに、そのままで美味い「究極のそば」に異論はない。

f:id:kazunobu-0915:20170124202051j:plain

 

別皿、三枚肉は、家庭の味のように、やさしくてやわらかい。

f:id:kazunobu-0915:20170124202050j:plain

 

びっくりするほど大きい、炙りソーキ。

f:id:kazunobu-0915:20170124202053j:plain

 

炙られて香ばしいソーキは、和風出汁がきいて、これもまた、なんとも優しい味。

これは、極上ソーキだね。

f:id:kazunobu-0915:20170124202053j:plain

 

じゅーしは、人参、ごぼう、昆布に隠し味で、ピパーツの若葉が加わる。

こんなに香り高く、ふんわかなジューシーを喰ったことなんかない。

おそろしいくらいに美味い。

f:id:kazunobu-0915:20170124202048j:plain

 

いや~、極上のそば、言葉にできないほど美味かったですね~

「隠れたる おばぁの想いの 命(ぬち)まーす」

西原のすーじみちぐゎー(路地)に、隠れひっそりと佇むそば屋には、思いっきり、やさしいおばぁの味を守ぬく、想いある男と、究極の沖縄そばがあるのであった。

「茉家ファンの皆様へ 

 驚かれたことかと思います。

 備忘録ブログの性質上、後追い記事になっております。

 最高のそばを振り返り楽しんでいただければ幸いです」

                     かずぼー

f:id:kazunobu-0915:20170124202042j:plain

西原町幸地62-4

https://tabelog.com/okinawa/A4704/A470405/47002432/