かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

松っさん ~私的史上最強酒場

f:id:kazunobu-0915:20170124202023j:plain

大寒を越えると、沖縄もだいぶ寒くなるものだ。

師匠の宴で冷酒を呑み、宴が終わると、ならい風に吹かれる。

そんな、冷えきった身体が求めるのは燗酒。

 

それなら、よし、あそこだな。

宜野湾へ向かう。

 

酒場の戸をくぐり、店主の元気な挨拶に、実は少し不機嫌だったボクは、ニヤリ笑顔になる。

これは店主の素敵な魔法だなぁ。と思いながら席に着く。

 

酒は新亀ぬる燗。

f:id:kazunobu-0915:20170124202020j:plain

 

佐渡の北雪はお燗向きのしっとりな酒。

f:id:kazunobu-0915:20170124202025j:plain

 

アテは、マグロ刺しに、

f:id:kazunobu-0915:20170124202019j:plain

 

イワシ揚げと、

f:id:kazunobu-0915:20170124202024j:plain

 

チーズ豆腐。

f:id:kazunobu-0915:20170124202028j:plain

 

 

酒がすすみ、何となく先の宴で、ちょっと苛立った事を、ふと思い出す。

せっかちな性分なので、勝手に苛立ったんだけど・・・何か、もやもやする。

 

そんなとき「何か食べますか?」と、店のお兄さん。

何か「おすすめ教えて?」と、返すボク。

「スルメ」と即答され、「スルメイカか・・・」無言になるボク。

嫌いではないけど、炙り〆鯖や、えびのガーリックオイル煮など、派手なアテに比べ、言い方は悪いが、何か地味だ。と思っていた事と、メニュー端に小さな字で書かれていることも相まって、今まで注文しないでいた。

だが、おすすめなら喰ってみよう。

少し間をおいて注文する。

 

そして、届いたスルメイカは、小さめの乾物。

f:id:kazunobu-0915:20170124202022j:plain

ちびり、ひと口かじると、思った以上の強いうま味があり、香りもいい。

ぷは~っ、

燗酒を呑むと、スルメイカの後味で何かが、口の中で泳いでいる様な感じ。

さらに、スルメイカをちびりかじる。

おっ、今度は苦いぞ。これ、ワタが入ってるんだ。

少し嬉しいおどろき。

 

イカをちびり、酒をぷは~っと、時間をかけて何度か繰り返していると、ふと気づく。

あれっ、穏やかになり、もやもやが無くなっている・・・

 

かじられて小さくなった、スルメイカを見る。

すると、なにをそんな事で苛立っていたんだろうと我に帰る。

人は人。自分は自分。

コントロール出来ない事はしょうがないじゃないか、と思えてきた。

なんだか、この地味で小さなスルメイカに、教えてもらった気がするなぁ。

 

で、スカでさっぱり^^

f:id:kazunobu-0915:20170124202027j:plain

 

明るい農村のお湯割りでほっこり^^

f:id:kazunobu-0915:20170124202030j:plain

 

 

f:id:kazunobu-0915:20170124202029j:plain

そんな、夜であった。

 

宜野湾市 喜友名 松っさん~

f:id:kazunobu-0915:20170124202026j:plain