かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

沖縄カトリック高校野球野球部

f:id:kazunobu-0915:20170726214140j:image

カトリック高校野球
北谷公園野球場にて、第44回沖縄県高校野球新人中部南地区の第4戦でした。

宜野湾高校 000 120 100:4
カトリック 000 000 000:0

カトリック初回の攻撃、2つの四球でランナー1,2塁のチャンスを得るが無得点。
4回、宜野湾の攻撃、1アウト,1,3塁から、宜野湾、真喜志が2塁へスチール。
普天間が2塁へ送球すると、3塁走者、佐久原がホームを狙う。
二塁手の金城(朱)でカット、ホームアウトを狙うが、普天間の送球がそれ、金城(朱)の送球も弱くアウトに出来ずホームイン。
1点を献上する。
5回、宜野湾の攻撃、先頭9番、東が四球を選び、9番、小嶺がバントで送り、1番、西平がライトを破るツーベスでチャンスを広げ、佐久原に犠牲フライ、3番、國仲のレフト前で2点を追加される。
7回、宜野湾の攻撃、2アウトからランナーを出し、國仲のレフトヒットがエラーになり更に1点を追加する。
9回は、宜野湾、國仲が3人で締め、カトリックは散発2安打完封でこの大会2敗目となった。

この日も少なくなったとはいえ、失策で失点につながった場面が7回にあった。
4回のサードランナーのスチールアウトを狙う場面では、二塁手のカットの位置が浅いし、こういうプレーは練習を重ねて精度を上げないと難しいプレー、走らせて打者勝負の場面だと思います。
あとは、まだまだ、ベンチワークに課題を残します。
先発したエース、富盛くん。
辛抱強く低めに集めるピッチングは安心して見ていられました。
チェンジアップは威力抜群でしたね。

宜野湾高校、先発した、小嶺くん。
ほとんどのボールがベルトより上にいかない低めへの投球と、その低めから急激に曲がるスライダーは、すさまじいものがありました。
まさに完敗です。
3番、レフトで出場しました、國仲くん。
9回から登板し三者凡退に押さえ貫禄を見せつけると、バッティングでは3安打の猛打賞。
末恐ろしい選手ですね。
そして、1年生ながら4番に座る、宜野湾ポニーズで息子とチームメイトだった、眞喜志。
2安打、1打点と活躍。
リストの強さの武器に身体の柔らかさを加え、よりいい打者に成長しました。
今後が楽しみです。

で、息子はというと

1打席 ショートゴロ
2打席 ライト前ポテンヒット
3打席 セカンドゴロ
4打席 サードゴロ

今日は相手投手がすばらしかったです。
なんとかくらいついてのヒットで8試合連続ヒット中。
最終打席で県内屈指の好投手、國仲くんと対戦できたのはよい経験となったはずです。

明日は、宜野湾市立野球場で北谷高校との一戦。
しっかりと野球をやってほしいものです。

宜野湾高校の皆様、本日は大変にありがとうございました。

 f:id:kazunobu-0915:20170726214101j:image