かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

カトリック高校野球部

f:id:kazunobu-0915:20170702174817j:image

 

カトリック高校野球
本日は、与勝高校グラウンドにて練習試合でした。

与勝高校  101 000 100:3
カトリック 044 000 11X:10

与勝高校初回、1番吉浜が初球を左中間への二塁打を放つ。
2番、花城は空振り三振。
三番、大城のショートゴロの間にランナー三塁。
息子のワイルドピッチで与勝高校が先制する。
2回カトリックの攻撃。1アウトから6番、息子が右中間を破る三塁打で出塁。
続く崎浜がアウトになるも、宮城、仲程が四球でつなぎ満塁。
1番、久松の振り逃げで同点に追いつくと、2番、金城(朱)押し出し四球で逆転。
三番、富盛のレフト前で2点を追加する。
3回、与勝高校の攻撃。先頭、9番、比嘉レフトオーバーツーベースを放ち、1番、吉浜のサードゴロを一塁へ悪送球、1点を返される。
3回、カトリックの攻撃。5番、富永が死球で出塁。
息子がバントを成功させ、崎浜も死球で出塁。
8番、宮城のサードゴロを2塁へ悪送球。1点が入る。
その後、2アウトから1番、久松がセンターオーバーツーベースで2点を追加。
2番、金城(朱)のファーストゴロをベースカバーの投手がファンブル、さらに1点を加える。
7回、与勝高校の攻撃。
疲れのみえる息子。1アウトを取るも、7番、名嘉村、8番、伊計に連続センター前を打たれ、9番、金城には死球で満塁。1番、吉浜のライトフライで1点が入る。
2番、花城にも死球を与え満塁のピンチをまた迎えるが、3番、大城をライトフライに切って取り、なんとか最小失点に抑える。
カトリックは、7回、仲程の上手いレフト前で1点。
8回は、息子のライトへのテキサスツーベースで1点の追加点をあげる。
8回、富盛。9回、久松が、与勝高校を0に抑えた。
サインミス、バッテリーエラー、悪送球など課題あありますが、快勝といえるのではないでしょうか。

与勝高校の1番、吉浜くん。鋭いスイングで打球がものすごく強かったですね。
先発した大山くんの角度あるストレートは迫力満点。
2番手の伊計くんは同じ一年生。ものすごい早い球を投げていました。

で、息子はというと
1打席 左中間三塁打
2打席 送りバント
3打席 センター前ヒット
4打席 ライト前ヒット
5打席 ライト前テキサスツーベース(1打点)
1打席目はつまっていたものの外野手を超えるあたり。
軸がしっかりしてていい回転と、いいタイミングで打てていました。

投手としては、
7回 3失点
奪三振 2死球
被安打 7 投球数 105
球速が上がって、切れもありましたね。
昔を思い出したかな。
高く抜ける球が何球かあったけど、四球ゼロはたいしたもの。
間合いをしっかりと制していたし、野手は守りやすかったんじゃないかな。
贔屓目抜きで見てて楽しいピッチングでした。

挨拶、規律、姿勢。
非常に勉強になるものがありました。
与勝高校の皆様、本日は大変ありがとうございました。