読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

きしもと食堂 八重岳店

f:id:kazunobu-0915:20161019142746j:plain

この日は父の年忌で墓参りに健堅まで

帰りにここへ来たって訳だ

本店がよかったんだが、定休日だったんだよなぁ

 

明治38年創業の支店で、こちらは2004年の創業

本店は激混みだけど、ここは席数を多いのですんなり喰えるのである

沖縄そばの歴史は、明治35年宮崎出身の福永氏により、創業した「支那そば」が始まりといわれ、そのそばは、豚骨出汁で醤油を使っていたので、ラーメンのように黒っぽい汁だったとされているそうだ

f:id:kazunobu-0915:20161019142745j:plain

 

注文はそば大 650円也

f:id:kazunobu-0915:20161019142747j:plain

 

赤肉はガシッとしたもので、三枚肉やわらかく、ともにアジクータ(味が濃い)

ともに遠慮なく分厚いので、かなり喰い応えがある

f:id:kazunobu-0915:20161019142748j:plain

 

麺はツルツルぷりっぷりでなんとも啜り心地がよく、汁は遠慮なく鰹出汁がきいて、塩梅も強い

かまぼこも濃い目だ

ガツンと身体に沁みるよなぁ

f:id:kazunobu-0915:20161019142749j:plain

 

「八重岳に 鰹がにじむ 頑固かな」

ここは、おじぃと一緒に喰った最後の沖縄そばでもある

遠慮ない鰹と塩梅に頑固だったおじぃをふと思い出す

感謝、後悔・・・様々な想いが交錯

言えるのは、今もおじぃはボクの心の中に間違いなく活きている

 

http://r.gnavi.co.jp/f508900/

本部町字伊野波350-1