かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

森川



この日は相当酒で体が病んでいた
何かやさしいものを喰いたいなぁと、ふと思う
最高峰のやさしい飯屋にあった、あのメニューが頭に浮かぶ・・・



注文は‘‘ゆしどうふ‘‘



豆腐そのものは、まさにド直球
雪のようにやわらかい豆腐はなんとも旨いのだ



ねっちょり固めの飯は素晴らしい郷愁感がただよい、キムチとしみじみ美味いシブイの漬けモンとの相性は抜群
ざらっと甘い玉子サラダはたまらなく旨いのだ



大好きなポーク玉子まで付く
これで500円はお値打ちすぎるよなぁ



いや~、想像以上にそのものだった‘‘ゆしどうふ‘‘でしたね~
「新豆腐 身に突き刺さる ストレート」
決め球ド直球のゆし豆腐は、酒で病んだ体に優しく沁みわたる素直に美味いのものなのだ


 西原町字森川157