かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

博多うまいもん酒場 一虎



少し酔いを覚まして二件目には、きはるでもと思っていたけど、この日はなんとなく疲れていたので、しんかーと二人でホテルのすぐそばの酒場で呑むことにする。
屋号で此処を選んだという訳だ。

酒は京都、蔵乃介をお燗でいただく。
二人で何合呑んだかな?5、6?

鯖を喰わなければ、福岡の夜は始まらない。
なんとも、新鮮な鯖。 プリッとした締りのいい身と濃いタレに酒が加速する。



あまりの旨さに鯖刺しで喰いたい。
メニューには無かったけど、鯖刺しを快く出してくれた。
もうね、脂ノリノリですごい旨いのなんの!



ガッツリ喰いたかったので、手羽唐を注文。
これも旨し!



辛いの喰いたくなって、豚キムチを注文。
最高!



いや~、此処の酒場は、大当たりでしたね~
次の福岡での宿泊では、酒場選びにうれしい悲鳴になるなぁ。
偶然が二つ。
店主さんが宮古島の人で同じ沖縄県人。
宮古島はボクも縁があるので、大いに会話で盛り上がった。
日本酒好きのボクは、「種類を増やしてよ」とお願いすると、これも快く受け入れてもらった。
次が楽しみだ(此処店は一銘柄しか扱っていなかった)。
そして、カウンター席の隣で呑んでいたのは、偶然にも会社と関わりが大きいところのお偉いさん。
こちらにもよくしてもらって、いろいろ話で盛り上がった。
いい酒場には、いい人、いい肴がある。 後は酒かな(しつこい)。



福岡県福岡市博多区博多駅前1-7-5-1
http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40020167/