読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

スタンド末広

那覇



さて、始まりの時期とぅじと二人で最高な酒場へ向かう。
最初は旨味或る酒、鳥取「こなき純米」を頂く。 くぅ~、

お次は岐阜「無風邪ムカデ」。
意外と今どきの酒の味で、フルーティで呑み口よし。



この時期ならでは「おばんざいSet」



やさしい味だが深く身体に沁みる煮物。



ただ頷きながら酒とちびちびやりたい、やさしいおひたし



塩梅控えめながらも、しっかりと酒の肴となる鮭。



海のダイヤかずのこまである。
日本酒がトンデモなくすすむ僕であった。



ちょっとピリ辛で、やさしいおばんざいの中では異彩放つきんぴらで、さらに呑みは加速する。



ウニとブロッコリーのマカロニグラタン。
トローリ、ホクホクチーズの中にウニの旨味が凝縮された、すさまじい旨さのモン。



この日の目的はこちら。
鳥取「こなき」を燗で呑むこと。
なるほど、燗にすると風味がまして米の旨味・酸味がぐっと増す。
美味いねぇ。



ひこ孫を燗で頂く。
これで最後。。。



青森「八仙」も酸味・旨味或る酒。



みーぐちで長崎「確蔵・僕らの想い」
酔ってあいまいだが、今風の呑みやすい酒だったと記憶。



山本さんを頂く。
こちらの呑み口よし。



〆に澤乃井。



いや~、この日もよく呑んだなぁ。
だんだん軽い酒になっていったこの日。
振り返ると最近はこんな傾向。
燗で呑みたいけど、この時期にしては暑く季節感を感じないのもあるなぁ。
「初夢や 一日遅き 水仙華」
最高の酒場で見る初夢は「出会い」

 

kazuboh-0915.hateblo.jp