かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

きはる



さて、二件目は最高の鯖が喰える、福岡で一番お気に入りの酒場「きはる」
まずは高知の名酒「酔鯨」をお燗で頂く。


此処の突き出しは、本当に素晴らしい。
ボク流儀、茶碗蒸しは最後の〆に残すのだ。



穴子刺し。
「活きてるな」感じるほどの食感と、透明感或る甘味。
沖縄では味わえない、まさに至高の肴。



北九州の「天心」もお燗で呑む。



此処では絶対はずせない鯖刺し。



あまりにも美しい。
この鯖刺しを喰った衝撃は、今でも忘れられない。



この日は神亀は売り切れだったが、代わりに「ひこ孫」があるという、嬉しいサプライズ。
これもホント、米の旨味が凝縮されたクセになるものだ。
2合頂いた。



大将渾身の一作、ニラ玉はそのままで喰うのがよし。



いや~、まさに満足しかない最高の酒場。
那珂川に 想い流るる 祇園祭
想い或る土地だからこそ、幸が或る。