かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

平和食堂



この日の昼飯は何を喰うのか決めていた。

車を店の裏(上?)に止めて、この風情ある階段を降りる。



思いっきり昭和な店内には、おじぃ二人が旨そうに飯を食っている。
ボクが注文してほどなく席はすべて埋まり、相席も出るほどになる。
みんなお互いが知り合いみたいで会話で盛り上がる。
その様は何だか懐かしい感じだなぁ。



さて、来ました。



味噌汁は、何かが突出して「旨い」と云うモンではないけど、相当なやさしい味。
ホント、うちな~おばぁのなせる、心まであったまるヤツだ。
味噌汁では今まで喰った中では一番かも。



遅れてきた漬けモン。



何だコレはと驚きの味のあんだすー!
濃醇さの中に後から追うフルーティーな感じ、コレは酒のアテにもなるねぇ
素晴らしいよモンだよ。



いや~、老舗飯やの長年の積み重ねの実力というか、おばぁのやさしさなんですねぇ。
素晴らしい飯やだ。

「枯蓮の ヌチ沁みわたる 油味噌」


地元のおじぃが集うのが分かる、まさに幸せになれる場所。



うるま市字喜屋武232
http://tabelog.com/okinawa/A4703/A470302/47009403/