読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かずぼーの沖縄食べ物とスポーツと酒

呑ん兵衛なうちなんちゅの備忘録

イングランドプレミアリーグ15-16シーズン開幕!



さて、8月9日の今夜、リバプールの開幕戦だよ~

相手は昨シーズン、ジェラードのラストゲームで歴史的敗北を喫したストークシティ。
ピューリスによってイングランドらしい、キック&ラッシュ&パワープレイを中心にしたシンプルなスタイルに加え、マークヒューズが細かい部分も取り入れ、さらに手ごわい相手になっている。
ま、プレミアリーグは下位が上位を倒すなんてよくあるからね。
リバプールとしては今回、借りを返したいトコだね。

移籍期間真っ最中、リバプールはクラブの象徴ジェラードが去り新時代を迎えます。
ボクがリバプールファンになったきっかけは「イスタンブールの奇跡」だったので、虚無感にみまわれ今も残るが永遠に続くものは無い。
気持ちを切り替えて新しいキャプテン、ヘンダーソンに期待したいと思う。 というか頼む!

去ると言えば、無事これ名馬スターリングくんも、すったもんだの末、シティへ移籍。
戦力ダウンが心配される中、フェルミーノ、ベンテケミルナー、クラインと実力者を次々と獲得。
若手補強のジョー・ゴメスが想像以上のパフォーマンスであっと驚かせると、昨シーズンのウサを晴らすかの様なララーナの好調と嬉しい現状。
シーズン開始、フタを開けてみるとどうなるか分からないけど、総合的にみると戦力はUPしたと考えるべきかな。

そして、アイブ。
ボクは継続的に使ってあげれば、スターリング移籍の悲しみを忘れさせる成績を残すのでは、と思っていたりする。
スピードと裏を取るセンスはスターリングに劣るが、力強さと得点感覚・センスは上回るのでセンター起用アリだとは思ってるのだが、ロジャーズはそれはしないでしょうね。

得点力は間違いなくUPしているはず。
心配はディフェンスライン。
運動量豊富なクライン加入した事によって右は少し安心かな。
左のモレノは、コンディション上がらずと不安要素に・・・
このままでは、18歳ゴメスに取られるかもね。
センターバックの前には運動量のあるミルナー、ヘンダーソン起用が基本となるはずだが、守備専ではないので怖いな~というのが実直。
シュクルテルに鬼のように頑張ってもらいましょうか。

そして、前線の余剰選手をどうするのか?
バロテッリボリーニ
去るとは思うけど・・・

スタリッジが戻って来た場合はどうするのか?
と、あちらこちらで騒がれているが、ボクは以前のコンディションに戻すには相当時間がかかると思う。
少なくとも、今シーズンは難しいと考える。
なので、ベンテケ獲得は大きいと思うし、悲しいけど20Gを上げた頃のスタリッジは帰ってくるのか?と心配。
トーレスファルカオ、少し前ならシェフチェンコダイスラー・・・
怪我の後、本来の自分を取り戻せないまま、・・・という選手も少なくないのは事実。

話は変わり、ロジャーズさんにはしっかり、選手の特性に見合った使い方、戦術をしてほしいと切に願います。
昨シーズンもねぇ・・・ あれっ?と思うのも少なくなかったしね。
今の選手だと、前線はトップ下を置きつつ、ワイド2枚の1TOPがイイと思うけど。
TOPはベンテケ
2列目左は、コウチーニョ
右は、ララーナ
真ん中は是非、フェルミーノ。
そして、アイブもTOP下で見てみたいですねぇ
アグエロのようになると思うけど。(しつこい)

センターは、ほぼ決まりなんで書く必要もないでしょう。

今期はとにかく、CL圏内獲得は必須ですよ、ロジャーズさん。
頼みます。